Winter Camp in Akagi
2018/02/11-12
ベンチャーの冬キャンプを赤城大沼にて開催しました。
夜から早朝にかけては-12℃を下回るだけでなく風が吹くと体感的には-50℃のような世界!!静まり返る森の中では楽しいキャンプになります。夜空には天の川や満点の星星、、人工衛星もくっきり。最高の夜でした。

事前訓練キャンプ
2018/01/27-28
2/11-12の赤城山での雪中キャンプに向けて訓練キャンプを敢行しました。天気は味方してくれ、東京でも訓練にもってこいの雪が積もってくれました。
当日持参する道具を持ち寄り最終確認をしました。
集合時間1時間前に集まり野営場の前の道を雪かきしていたスカウトを見つけたときは彼らを誇りに思いました。さぁ、厳しい自然の中で、シンプルに生きるための工夫と自分を高める冒険に出かけよう!!
弥栄

冬キャンプ下見・計画書作成
2017/12/30
スカウトにとってのキャンプ、それは良き公民になるべく、自身ではコントロールしきれない自然の中において、仲間と共に小集団の中で自分の務めを見出し、培ったコミュニケーション能力で、それを全力で結果を残すリーダーシップトレーニングの機会に他なりません。だからこそ、冬にキャンプをしたくなるのです!雪の中でキャンプがしたいというスカウト共に本日は下見に行ってきました。その日のうちに計画書の作成をしていました。2月の本番に向けて「そなえよつねに」
(^_^)/

富士スカウト章伝達式
2017/12/8
関係者への感謝と自身の精進によりようやくスタート地点に立った本スカウトが、これからは外に向けていかにインパクトを与えていけるか暖かく見守りたいと思います。弥栄。

富士スカウト章は、『ベンチャースカウト活動の目標を達成し、社会の一員としての自律と責任、公共心を備えた、より良き公民となれるスカウト』と認められた富士スカウトに授与される章である。 この章はベンチャースカウト年代だけでなく全年代における『スカウトとしての、進歩課程としての到達点』である。また、スカウトが受章するあらゆる進級章・進歩章のなかで唯一日本ボーイスカウト連盟理事長より授与される章である。

地区ラリー @昭和記念公園
2017/11/3
新多磨地区にて地区ラリーが開催されました。
ベンチャースカウト達はパイオニアリング(大型工作物作り)に挑戦し、信号塔を2基作り、手旗信号で通信を行いました。
公園に訪れた一般の方も目を見張る大きさに安全対策万全で臨みました!
笑顔の絶えない高校生、すごい奴らですね!!
(^^♪

50km オーバーナイトハイク
2017/10/28-29
事前の準備として、地図の作図作業と8桁座標読みについての訓練からハイキング技能の確認を実施。
当日は視覚、聴覚、技能と精神力をもって武蔵国拾弐里(約50km)を歩きました。雨で体温が奪われる中、現在位置を確認し、次の一歩をどちらに踏み出すか!決めるのは自分しかいません!頑張れスカウト!
指導者は心の中でいつも応援しています。
一緒に大人が地図を見て歩くのではないのです。彼らが彼らの技能と現在の状況を判断して、台風直撃前の悪天候の中を決断するのですから立派です。
「活動的で、自立したスカウトを育てる」ために

新多磨地区ベンチャーフォーラム@立川
2017/07/16
アサーティブな討論、コミュニケーションのとり方、PDCAサイクル、ブレーンストーミング、KJ法、ペイオフマトリックス、ワールドカフェ。。。
ほとんどこれは会社で受ける研修と同じです!
テーマについて意見を出し合い企画書・計画書・アクションプランに導きますが、話を聞く姿勢ひとつをとっても彼らは一人ひとりに輝くものを秘めています。
「飛びたて!世界へ!!弥栄」

地区訓練キャンプ@山中野営場
2017/3/25-27
一夜にして40cmの積雪!リーダーシップトレーニングにはもってこいの環境になりました。A型テントも工作物も雪の重さで全て壊れる。さー、振り出しに戻る。これからどう立て直す!!困難なときほど本当の自分が現れる〜〜

こどもまつり(地域奉仕)@多摩市中央公園
2017/05/3-5
多摩市からの依頼の下、市民の皆様に「お母さん、できたよ!」の子供体験村を提供!
ボーイスカウト運動では将来、あらゆる場面、状況下でもリーダーシップを発揮できる「活動的で、自立したスカウトの育成」に取り組んでいます。「育てる≠教える」教育の育にこだわって、、

ベンチャー隊入門キャンプ
2017/06/17-18
野営地ではない山の中で自然の有難さと仲間の大切さが身にしみて感じられたキャンプでした。
それぞれが個人で用意した持ち物で山に入り、それぞれが決めた場所に自分だけのスペースを作り、自分の時間を自然を感じながら過ごします。
暗闇に得体のしれない不安を覚え、仲間の声を求めていました。
「もっと、ここにいたかった」というスカウトの声が頼もしい限りです。

前ページTOPページ次ページHOMEページ
- Topics Board -
Skin by Web Studio Ciel